未分類

ヤンマーです!近況報告です

①息子(三男)の出来事
とある日の夜、息子(三男)が突然「お父さん、僕のうんていを見てよ!」とやって来た。
「うんてい?出来るようになったん?」と僕が言うと、少し誇らしげに彼は「うん!」と一言。
「じゃあ、週末のお昼に公園に行って見せてよ!」と言うと嬉しそうに手のひらにできたマメを見せながら言った。
「一生懸命練習してん!でもな、学童の近くの公園にあるうんていじゃないと出来へんねん・・・」
彼が言うには、自宅近くの公園にあるうんていや学校にあるのは高さがありすぎて出来ないらしい。
今年初めの頃はうんていにつかまってぶら下がっている状態が精一杯。二人のお兄ちゃんたちみたいにスルスルと渡れないのが少し悔しかったようだが、彼なりに進歩はしていたようだ。
100710_1022~0002
●「雲てい」を自慢気に披露する息子
いよいよ、披露する日。足下の砂を手にまぶし(滑り止め効果のためなのか?ただの神聖な儀式なのか?)最初の一段目に手を伸ばし、「いざ!行かん!」と気合い十分。
一段飛ばししながら頑張るも半分を越えるのがやっと・・・。あと3~4本で渡り切るのだが、握力が保たない様子・・・。その後も何度か挑戦したが、結局渡り切ることは出来ませんでした。
しかし「よく頑張ったな!」と褒めると嬉しそうにしていた。「今度、最後まで渡れるようになったらもう一度披露する」とのこと。
息子の頭をなでながら心温まる親子愛を噛みしめている我々の後ろを、保育園時代のひとつ下の学年の女の子(まだ保育園児)が「○○くん、遊びにきたん~?」と聞きながらスルスルとうんていを往復で渡っていました・・・。
そんな息子は先日の七夕に、願い事をたんざくにしたためて笹の枝に結んで飾っていました。
よーく見てみると、「・・・」。
100709_0609~0001
●スケールの大き過ぎる願いは届くのか?
彼は純粋な願いをたんざくにしたためたのであるが、自らUFOを開発して飛ばすのか?ただ単に宇宙人に誘拐されているのか?真意は不明である・・・。
そんな彼は、現代のネット社会にはびこる犯罪や個人情報の流失を恐れて、自ら防護策をとっていた。
その結果がこうだ!
IMG_4009_convert_20100712230650.jpg
●何を保護しているのか?僕には分からない・・・
さすが!我が息子よ。ユーモアと危機管理能力を同時に兼ね備えた行動には敬意を払いたい。
②盛大に「お疲れ様会」を開催!
以前、ブログにも書いた記事ですが、去る5月1日に吹田で開催された「松村組コンサート・大地」のラストで関西の太鼓打ち13名が集結し、合同演奏をするという特別企画がありました。
光栄なことに、その中に僕も声を掛けていただき皆さんと一緒に共演することができました!
あれから2ヶ月経った先日、「お疲れ様会」と銘打ってお世話になった共演者の方々、関係者スタッフ、各チームの他のメンバーの方々、そしてREN神戸のメンバーなど総勢30名が集まり盛大に宴を開催しました!
・京都・神戸と三都にまたいでそれぞれ活躍している方々を招いてとなると準備にも気合いが入りましたが、そこはREN神戸のメンバーもさすが!それぞれがテキパキと動いてくれました。
IMG_4012_convert_20100712230819.jpg
●お互いの友情を確かめ合って満面の笑顔でハイチーズ!
会費制にはしなかった分、それぞれで食べ物・飲み物を持ち寄りどんちゃん騒ぎ!
30名も入るとさすがに会場(REN’S SHIP)はいっぱいに。皆様にはいささか窮屈な思いをさせたかも知れません・・・。ごめんね。
IMG_3919_convert_20100712231036.jpg
IMG_3920_convert_20100712231114.jpg
IMG_3921_convert_20100712231143.jpg
●各テーブルごとに美味しい料理とお酒と楽しい話題が盛りだくさん!
5/1の思い出話に花を咲かせながら、それぞれの太鼓エピソードや人生観、夢など語り合うとキリがありません。
そんなほろ酔いの太鼓打ちたちが最後に思いついてすることはというと、「ミニコンサート」。
IMG_4021_convert_20100712231321.jpg
IMG_4027_convert_20100712231406.jpg
IMG_4019_convert_20100712231834.jpg
●普段では決して見ることのできないリラックスムードでの演奏やパフォーマンス
みんなで大笑いしながら、美味しい料理で心もお腹も大満足!楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました・・・。
最後はみんなで万歳三唱をしてお開きに。
IMG_4040_convert_20100712230924.jpg
●この友情の輪をもっと広げていこう!
またの機会に再会を誓って、それぞれと堅い握手を交わしながら皆さんを見送りました。
忘れられない夜になりました!皆様、本当に有難うございました。
「いや~、太鼓打ちって本当にいいもんですね!」※水野晴郎さん風に